PERSON

人を知る

人を知る

梶 祥子

デザイナー

梶 祥子Shoko Kaji

2016年入社

就業環境を変えるきっかけ

まずAimingに入社する前のお話しからお伺いします。
梶さんはAimingに中途社員として入社されましたが、働く環境を変える事になったきっかけは何だったのでしょうか?

前職は受託開発の会社で、3Dやアニメーションの制作をしていたのですが、私の所属していた事業部だけ解散されることになったので、転職をしようと思いました。

以前から自社で開発・運営を行っている会社で働きたいと思っていた事もあり、その条件に合う会社を探している中で、Aimingに応募する事になったんです。

Aimingとの出会い

自社で開発・運営を行っている会社の中からAimingを選ばれたのはどのような理由だったのでしょうか?

『剣と魔法のログレス』は知っていたんですが、それをAimingが開発していたという事を知るまで紆余曲折ありました。

DeNAさん主催の『Game Graphics Groove #4』というセミナーに参加した時に『ぐるぐるイーグル』のアートディレクターである廣田さん・小林さんが登壇されていて、Aimingの開発体制や台湾スタジオにもアートチームがある事などを知り、興味が沸きました。

その後、転職活動中に人材紹介会社からAimingを紹介された時に、『剣と魔法のログレス』をAimingが開発していたという事を知り、更に興味が沸いてきました。

ひとつのきっかけがあった訳ではなく、色んな情報が繋がった結果、応募に至った形ですね。

Aimingに惹かれた理由

転職活動中はAiming以外にも沢山の企業を調べられたかと思いますが、その中でもAimingに特に魅力を感じたのはどのような点でしょうか?

スマートフォンアプリはガラケーのソーシャルゲームに似たものが多いイメージだったんですが、最近はコンシューマー用ゲームに近い3Dグラフィック増えてきていて、その中でもAimingはオンラインを重視したゲームを開発している点に魅力を感じました。

また、社内にゲーム好きな方が多かったり、台湾スタジオで3Dデザインをされている事からも、会社としてゲーム作りに注力しているんだろうなと感じたので、そんな環境で働きたいと思いました。

入社後の業務

そんなAimingに入社して、梶さんはどのようなお仕事をされることになったのでしょうか?

入社直後は『ぐるぐるイーグル』でUIや3Dの衣装等を作成していました。
今は別のプロジェクトに所属しており、これまで経験したことのなかった3Dの背景やガチャの演出ムービー、キャラクターを作成しながら、UIデザインの手伝いもしています。

入社前イメージとのギャップ

実際に入社してみて、入社前とのギャップを感じた点やイメージと違うなと思ったことはありますか?

初めての会社が15人規模、その次が50人規模だったので、Aimingの800人規模(※支社含む)は内情が全く想像が出来ず、少し不安でしたね。
人数が多いと「社内で動きづらいところがあるんじゃないか」「他のプロジェクトの人とあまり交流がもてないんじゃないか」というイメージがありました。

ですが実際に入社してみると、自分のやりたいことはしっかり主張すればやらせてもらえましたし、Aimingは社内に沢山のサークルがあるのですが、そんなサークル活動等を通して仲良くなった方とご飯を食べに行く関係になったり、とても幅広く交流が出来る環境でした。

ちなみに梶さんはどんなサークルに参加されてるんですか?

『ゲテモノ研究会』というところに・・・(笑)
ゲテモノというか、ものすごく辛いものとか、「食べ物としてはあんまり食べないよね」というものを食べたりします。

最近食べた中で一番驚いたものはなんですか?

最近だと『禁断の蜂蜜ゼリー』というものをサークルのみんなで食べまして、「まずい!」という感想をみんなで共有しました(笑)

就業環境への満足度

お話を聞いていると、すごく楽しそうにお仕事されているんだなと感じたのですが、Aimingに入社する前にやりたかったこと、希望していたことは叶えられたのでしょうか?

前職は受託開発の会社だった為、元々クライアントから依頼のあった仕事しか出来ませんでしたが、更に事業部の解散によって2Dの仕事しか無くなってしまい、やりたいことが全く出来ない環境になっていました。

Aimingでは、UIや演出ムービーの作成など、やりたいと思ったことに挑戦させてもらえる環境だったので、転職時に希望していたことは全て叶えられたと思います。

今後のキャリアプラン

では、今後はどのようなデザイナーになっていきたいとお考えですか?

今までは3Dデザインやモーションなど、色々な事にチャレンジしていましたが、より3Dデザインに特化したデザイナーになりたいと思っています。

そして最終的にはアートディレクターのような業務に携われるよう、スキルや審美眼などを鍛えていきたいです。

やりがいを感じるタイミング

高いモチベーションを維持しながらお仕事に臨まれているようですが、やりがいはどのような時に感じますか?

自身の成果物を提出した時に「これいいね!」とか、予想だにしないフィードバックが返って来ると刺激があって良いなと思います。

これまでは色々と1人で完結してしまいがちで、周りの意見を聞く機会が少なかったんですけど、今では職種を問わずいろんな人から意見を聞けるので、とても刺激的です。

活用している制度

業務以外の面から、Aimingのこういう制度が良い!というものがあれば教えてください。

職場が近いとそれだけ通勤する時の負担も減りますし、家賃補助制度はとてもありがたく活用させてもらっています。

また、2018年4月よりフレックスタイム制が導入された事で、自分のペースで働く時間を調整出来るようになったのがとても良いと思っています。

梶さんもフレックスタイム制を活用されていますか?

チーム全体でフレックスを活用していこうという雰囲気ですので、時々早めに退勤させてもらったりしています。

メッセージ

それでは最後に、いまAimingに興味を持っている方、転職を考えている方に向けてメッセージをお願いします。

前職でデザイナーになる前はプランナーをしており、デザイナーとしてのキャリアは浅かったので、転職時はその経歴がどう評価されるのか、とても不安でした。

ですが、Aimingに応募する時のポートフォリオに『プランナー時代に作成した企画書』や『キャラクター設定』などを入れて提出したところ、とても興味を持ってもらえて、デザイナーとしての経歴には関係の無い、『プランナーの経験』を評価してもらえました。
ゲーム開発会社であるAimingだからこそ、デザインスキル以外も評価してもらえたんだと思っています。

もし、私と同じように経歴に不安のある方は、自分の色々な面をアピールしてみてください。

また、入社後は経験したことのない業務に触れる機会も多かったですが、周囲の方にサポートしてもらいながら勉強していくことが出来ますし、成長したいと考えている方にとっても良い環境だと思います。

ありがとうございました。

※業務内容等はインタビュー実施当時の内容です。

その他の社員を見る
募集職種・エントリー READ MORE